ジコサポ浜松は交通事故の治療と法律の無料相談を行っております。

浜松市近郊の交通事故にあわれた方の治療・法律・修理・保険全てにお応えするNPO全国組織です。相談無料。

無料相談は、お電話または
メールにて受け付けており
ます。

フリーダイヤル(24時間受付電話)

0120-30-7173
メールでのお問い合わせ
被害者の方はこちら 加害者の方はこちら
【交通事故による問題】
レントゲンで異常がないと言われたんだけど…『むち打ち編』 保険治療を打ち切られそう 今の病院から転院するにはどうするの? 慰謝料や休業補償はどうすればいいの? 自転車との交通事故! 加害者の自損事故でも自賠責保険は使えるの? 被害者側、加害者側の治療費は? 後遺障害等級認定を知っていますか? 介添え・介護費ってご存じですか? 無保険・ひき逃げ・盗難車の場合には? 交通事故示談屋にご注意を! 後日、痛くなってきたんですが! 外国人と交通事故を起こしたんだけど?言葉が? 健康保険に加入していませんが治療は受けられますか?慰謝料は? 死亡事故について 高次機能障害、脳脊髄液減少症について 歯が折れてしまいました 労災は使えますか?
【労災について】
経営者、会社内の労災担当の方へ 労災の使い方  実際どうすればいいの? 労災 従業員の方へ
ジコサポ
ジコサポ
事務局にて無料相談受付中です。
どんな些細なことでも
お気軽にご相談ください。 〒432-8051
静岡県浜松市南区若林町858-6
ジコサポ浜松
ジコサポ
ジコサポ

被害者、そのご家族の方へ


ジコサポ浜松から被害者の方へ
交通事故は自分の意志とは関係なく突然発生します。
普段どんなに気をつけて運転や生活していても・・・・・・・。
そんな突然の交通事故の被害者にあなたがなってしまったらどうしますか?
交通事故による処理は非常に複雑です。
そんな複雑な事故処理をジコサポ浜松では、被害者の方へわかりやすくアドバスすると共に、交通事故の専門家を無料紹介しています。
被害者の方、被害者のご家族の方は是非このページをよくお読みください。

突然、交通事故の被害者になってしまったら!

まず初めに、交通事故の被害者になってしまった場合絶対にや
ってはいけない事があります。。

絶対にやってはいけないこと
その場での示談・約束・念書を書く、その場で賠償額を決める
ことは、絶対にしてはいけません。
後で何かあったとき損害賠償(保険金)が請求できなくなってしまう可能性があります。
警察を呼んで現場検証も必ずして下さい。
その場の判断で当事者同士の約束をしてはいけません。
事故を起こしたら警察に通報するのは法律で決められた義務です。
当事者による話し合いをしてしまった場合、損をしてしまう可能性があるのは、ほぼ被害者のあなたです。

事故発生後の適切な流れ!

事故発生後、以下の流れにそっておこないましょう。
被害者の方がケガなどにより動けない場合や重症を負ってしまっ
た場合には、被害者のご家族等の方々が対応してください。


①警察へ連絡をしましょう
「軽い事故だったし、痛みもないし…」と思って連絡せずにいると保険請求に必要な「交通事故証明書」をもらえない場合があり
ます。
事故を起こしたら警察に通報するのは法律で決められた義務です。

②保険会社へ連絡をしましょう
ご自身が加入している自動車保険の保険会社、またはその代理店
に電話して下さい。
110番のあと必ず保険会社さんにお電話して下さい。
仮にパニックになったとしてもここで保険会社さんが指示をしてくれますので、ここまで無事にこなせればこの後のことは覚える必要はないのかもしれません。

③現場の証拠保存をしましょう
警察が来るまでの間、事故の状況を保存しておきましょう。
そのままでは交通の妨げになる場合、車輌等を移動させる前に写
真で証拠を残しましょう。
※保存する写真は、携帯電話やスマートフォンのカメラでも十分
です。

④相手(加害者)の確認をしましょう
相手の車のナンバーや運転者の免許証、車検証、保険証、強制保険の保険会社、任意保険の保険会社等の確認をしましょう。

⑤記録を残しましょう
事故の際の記憶はあいまいになりがちです。
知り得た情報やご自身や相手の行動は、必ずメモにして残しましょう。
場合によっては、現場を目撃した方にも事故の状況を確認し、目撃者のお名前・住所・電話番号等を確認しておきましょう。

⑥診察を受けましょう
事故後は軽い怪我でも必ず診察を受けましょう。
ジコサポ浜松の紹介する、むち打ち専門プログラムの医療機関に行って診断書を書いてもらいましょう。
その診断書を後日警察署に出してもらえれば、そこではじめて人身事故扱いとなります。

見た目何ともない場合、交通事故での精神的緊張の為、交通事故直後は痛みを感じない事があります。
痛みが一番強く感じられるのは、通常、交通事故後5日~10日前後から発生する場合が多く見られます。
交通事故から2週間前後は、たとえ痛みが強く感じられなかったとしても、患部に負荷のかかる姿勢や急な動きはせず、出来る限り安静にすることに努めましょう。

交通事故にあってしまった、被害者の問題と悩み

ここでNPOジコサポにご連絡下さい。
専門治療、賠償、保険、修理全てにお応えします。
最初からむち打ち専門プログラムを受けて下さい。
交通事故の説明も全てさせていただき、疑問に全てお応えをします。



交通事故の加害者になってしまうと様々な問題や悩みが後から発生してきます。
「とれない痛み」
「治療の打ち切り」
後からどうしますか?
「賠償請求」の問題。
被害者がどの様にすれば「賠償請求」できるかご存知ですか?

そんな悩みや問題をわかりやすく以下ページにまとめてみました。

ジコサポ浜松に電話をしていただき、はじめから専門家のサポートを受けて下さい。


■ 賠償請求はどうすればいいの?
■ 事故後、ケガや痛みが治らない場合はどうすればいいの?
■ 事故直後では痛くなかったのだけど、後日痛みが出てきた場合は?



ジコサポ

ジコサポ

交通事故によるこんな悩みはありませんか?


事務局受付時間

ジコサポ事務局にて無料相談受付中です。 どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

〒432-8051 静岡県浜松市南区若林町858-6

ジコサポ